1. ホーム
  2. スチームモップ比較
  3. ≫ケルヒャースチームクリーナーSC1の口コミ!価格や評価を紹介

ケルヒャースチームクリーナーSC1の口コミ!価格や評価を紹介

こちらではケルヒャースチームクリーナーSC1の口コミを解説します。
価格や評価などの基本的な情報だけでなく「プレミアムとクラシックの違い」等も解説をするので、是非ご確認下さい。

スチームモップの中でSC1はどんな製品なの?

では最初に、当サイトでご紹介しているスチームモップの中で「ケルヒャースチームクリーナーSC1がどんな位置づけになるか?」を解説します。

シャーク
スチームモップ
ケルヒャー
SC1
シャーク
All in One
H2O
ウルトラスチーム
商品画像 steamfast-1 psm-550 psm-550 psm-550
現在のページ
製品特徴 スチームモップ スチームモップ 2in1モデル スチームモップ
商品評価 星3個 星2個 星2個 星1個
価格 12900円 16500円 11980円 13000円
スチーム方式 パネル方式 ボイラー方式 パネル方式 パネル方式
スチームの質 良い 最高 普通 悪い
連続稼働時間 15-20分 6分 15-20分 20分
準備時間 30秒 3分 30秒 30秒
本体重量 2.6kg 1.6kg 2.4kg 3.7kg
付属品 パッド2枚 各種専用パーツ付き パッド2枚 パッド2枚
商品詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

上の表の中でポイントになってくるのが、下記3点です。

  • スチームモップなのにボイラー方式を採用
  • 重量が軽く、連続稼働時間が短いです
  • スチームモップ最高値!16500円

では、それぞれ詳細を解説します。

スチームモップなのにボイラー方式を採用

当製品は、スチームモップの中で唯一「ボイラー方式」を採用しています。ボイラー方式とパネル方式の違いは、スチームクリーナーを理解する際に極めて重要なので、まずはその2点を解説します。

ボイラー方式の解説

ボイラー式は電気ポットの様に「密閉したタンク」の中で水を沸騰させます。高温・高圧のスチームを作り出せるため、質の良いスチームを生成可能です。ただ、タンク内でスチームを生成するために5分前後かかる事が一般的です。

パネル方式の解説

パネル方式は、水全体を温めると言うより「鉄板のみ」を温め、水を当てることでスチームを作り出す手法です。タンク内の水全体を温めるわけではないので、すぐにスチームを作れます。しかし、スチームの温度が低く品質はよくありません。

基本的にスチームモップは「床だけの掃除」を目的にしているため、それほどスチームの品質は重視されません。そのため、パネル方式を採用している製品が大半です。しかし当製品は「ボイラー方式」を導入しているため、質の高い高温のスチームを噴射出来るのです。

重量が軽く、連続稼働時間が短いです

上でお伝えした様に、当製品は「ボイラー方式」を採用しているため必然的にタンクのサイズが小さくなります。(タンク内全てを沸騰させる方式のため、小さめのタンクにしないと準備の時間がかかりすぎるのです)

そのため、製品の特徴として「重量が軽く、廉造稼働時間が長い」という内容になります。
一見すると他の製品に比べてスペック等が劣りますが「スチームの品質が最高である」という点は、是非ご理解下さい。

価格が16500円?ケルヒャーだけあって高いです

ここまでお伝えした様に、当製品は他のスチームモップとは根本的に内容が異なります。
そのため価格が16500円と高額になるのです。「価格の違いは方式の違い」という点を是非ご理解ください。

ケルヒャーSC1プレミアムとクラシックの違いとは?

ケルヒャーSC1について調べると「プレミアム」と「クラシック」の存在に気がつくと思います。一見すると「プレミアム」の方が上位機種と考えがちですが、実際には「色が違う」というだけです。

クラシック プレミアム
製品画像
ベースカラー 黄色
価格
16800円
19100円

アタッチメント等も全く同じ内容で価格が2000円程変わるので、基本的にはクラシックを購入しましょう。

ケルヒャーSC1の口コミを解説!良い点・悪い点を改めて確認しよう

次に、ケルヒャーSC1を実際の親族(実姉:33歳主婦)に利用してもらい、良い点・悪い点を口コミしてもらいました。購入前に、両方の内容をしっかりとご理解下さい。

ケルヒャーSC1の良い口コミをピックアップ

実姉(主婦)

単純に重量が軽いため、とても使いやすかったです。他のスチームモップ以上に簡単に利用できました。

やはり最軽量というのは、大きなポイントだと言えます。重い機種に比べると半分くらいの重さで、2Lペットボトル程度の重さしか無いため、スイスイ利用可能です。

実姉(主婦)

スチームの品質が良かったです。粗悪な製品の様に水たまりが出来ることもなく、しっかりとしたスチームが出てくれました。

ボイラー方式を採用しているため、高温かつ適切なスチームがしっかりと噴射されます。このあたりはケルヒャーの長年の経験が生きている製品だと言えます。

ケルヒャーSC1の悪い口コミをピックアップ

実姉(主婦)

連続稼働時間が6分と言うのは、あまりにも短すぎました・・・。私の家は普通の2階建てですが、一回のスチームでは全てキレイにしきれませんでした。

他の製品が15分前後の連続稼働時間を有しているのに対して、ケルヒャーSC1はたった6分です。いくら優れているスチームを噴射出来ると言っても、この内容では短すぎます。

実姉(主婦)

16500円でこの性能は、正直値段と合っていません。この金額を出すくらいなら、通常のスチームクリーナーを購入します。

やはり最大のネックは価格です。当製品は他に比べて3000円程度高いですが、それだけの価値が感じられません。正直この価格を払うなら、更にプラスしてスチームファーストを購入した方が良いです。

ケルヒャーSC1はどこで買うのが正解?amazonが一番?

当ページでご紹介しているケルヒャーSC1ですが、具体的にどのショップで購入するのが最もベストな選択肢と言えるのでしょうか。最新の情報を比較した結果、amazonが最もオススメです。

購入先
amazon
16800円
楽天
18400円
公式サイト
21578円

ケルヒャーの公式サイトでも販売しているのですが、割引等が無くおすすめ出来ません。基本に則って「amazonでの購入」が最もお得ですので、是非ご確認下さい。

amazonで価格をチェック

ケルヒャーSC1とスチームファーストを比較しました

ここまでケルヒャーSC1の詳細についてお伝えしてきましたが、残念ながら当サイトでは「SC1の購入」はオススメしていません。と言うのも、スペック的に考えて「スチームファースト」の方が遥かにオススメを出来るためです。

掃除屋ドイルのオススメ商品
スチームファースト
5
会社ネステックジャパン
価格19900円
内容物クリーナー+アタッチメント
特記事項購入時に1000円で洗剤を追加可能
スチームファースト

ケルヒャーSC1とスチームファーストを比較すると、多少の「取り回しの良さ」や「価格」等ではSC1に軍配があがりますが、それ以外ではスチームファーストが圧勝です。

スチームファースト シャークスチームモップベーシック
製品画像
価格
19900円
16500円
連続稼動時間
45分
6分
付属品の数
13種類18個
4種類5個
取り回しの良さ
掃除機並み
クイックルワイパー並
おまけ1
専用洗剤(スチームマジック)
なし
おまけ2
カルキ除去パウダー
なし

家全体をキレイにするためには「掃除機型」が最も優れているので、購入前に是非スチームファーストの詳細をご確認下さい。

スチームファースト公式サイト