1. ホーム
  2. スチームクリーナーの知識
  3. ≫窓・網戸へのスチームクリーナーの活用法を解説

窓・網戸へのスチームクリーナーの活用法を解説

窓や網戸への掃除には、スチームクリーナーは大活躍します。
そこでこちらでは「窓・網戸への掃除方」に絞って解説をしていきます。オススメの製品や具体的な掃除の流れなどをお伝えするので、是非内容をご確認下さい。

オススメのスチームクリーナーとは!スチームファーストがNo1?

当サイトでは、おすすめのクリーナーとして「スチームファースト」を挙げています。

掃除屋ドイルのオススメ商品
スチームファースト
5
会社ネステックジャパン
価格19900円
内容物クリーナー+アタッチメント
特記事項購入時に1000円で洗剤を追加可能
スチームファースト

最近では、持ち運びに便利な「ハンディタイプ」や「モップタイプ」等も人気を高めていますが、こういった製品は「スチームの品質が悪い」や「連続稼働時間が短い」等の理由からオススメできません。しかし上記のスチームファーストは下記特徴を有しているのです。

  • スチームクリーナーの中でトップクラスのスチームの品質
  • アタッチメントが豊富(窓用のアタッチメントも付属しています)
  • 45分間連続で稼働可能
  • 最初から専用洗剤(スチームマジック)が付属
  • +1000円でスチームマジックの原液も購入可能

「窓用」や「網戸用」のアタッチメントを有している製品は少ないですが、当製品には最初から付属しています。是非公式サイトにて詳細をご確認下さい。

スチームファースト公式サイト

窓の具体的な掃除方法を解説

次に、スチームファーストを活用した「窓の掃除方法」を解説します。
基本的に、スチームクリーナーは「窓の汚れへの対処」が得意なため、下記のような基本に則った方法をお試しください、

  • 窓用ノズルを利用し、上から掃除をしていく
  • 生じた水分は素早く拭き取る(長時間放置すると、跡の原因になります)
  • 汚れが残っている場合、スチームマジックを吹き付けた上で、再度スチームを噴射

基本的には、下記動画の内容で進めればOKです。

また、上の内容で掃除を進めた後は「フッ素コーティング」を行いましょう。

こちらをコーティングしておくことで、次回の汚れがつきにくくなります。窓掃除はそれほど頻繁には実施しないと思うので、次回に向けてコーティングを実施しましょう。

サッシもまとめて掃除しよう!

また、窓を掃除するタイミングでサッシもまとめて掃除を行いましょう。

サッシを軽く見て頂ければわかりますが、端に下記のような「水を落とすポイント」が存在します。

そのため、反対側からスチームで汚れを追いやり、最終的には上記のポイントで綺麗にしましょう。サッシは極めて簡単に掃除可能な部位ですので、是非お試しください。

網戸の具体的な掃除方法を解説

次に「網戸の掃除方法」について解説します。
網戸の掃除といえば「雑巾での拭き取り」が一般的だと思います。ただ通常の雑巾では「網戸の穴に入り込んだ汚れ」を落とすことが出来ません。しかしスチームを活用すると、網戸の穴に入り込んだ汚れを浮かし、落とすことが出来るのです。

そこで具体的には、下記流れで掃除を進めましょう。

  • 最初に一般的な水拭きで大まかな汚れを落とす
  • マイクロパッドを当て上でスチームを噴射し、汚れを落とす
  • 水滴等が残っている場合、乾いた雑巾で拭き取る

下の動画でも記載のあるように、基本的にはスチームを当てるだけで汚れを押し出すことが出来ます。

その浮いた汚れに対して雑巾で拭き取りを行いましょう。雑巾で通常の掃除を行なうのに比べて、遥かに綺麗に出来るはずです。

スチームクリーナーを活用した窓&網戸の掃除法まとめ

以上が、スチームクリーナーを活用した窓&網戸の掃除方法です。
大きく分けて下記3つのポイントをご理解いただけたと思います。

  • 窓は上からの掃除が重要である
  • 水分の拭き取りを意識する
  • 正しいパッドの利用を意識する

他の部位を掃除する際には「スチームによるダメージ」を気にする必要がありますが、窓や網戸の場合必要ありません。(一箇所に極端に長い間、スチームを噴射しなければOKです)

普通に利用するだけで簡単に汚れを落とせるので、是非お試しください。

掃除屋ドイルのオススメ商品
スチームファースト
5
会社ネステックジャパン
価格19900円
内容物クリーナー+アタッチメント
特記事項購入時に1000円で洗剤を追加可能
スチームファースト