1. ホーム
  2. スチームクリーナーの知識
  3. ≫スチームクリーナーでフローリングは痛む?正しい掃除法を解説

スチームクリーナーでフローリングは痛む?正しい掃除法を解説

スチームクリーナーの掃除対象として「フローリング」は一般的です。
しかし利用方法を間違えると「フローリングの痛み」や「ワックスが禿げて白くなる」等のネガティブな状況が発生するのです。こちらでは「スチームクリーナーを床に使う際の注意点」等を解説するので、詳細をご確認下さい。

スチームクリーナーでは基本剥離しません!剥離してしまう原因とは

スチームクリーナーの口コミを確認すると、下記のような「ネガティブな口コミ」を見ることが出来ます。

ネット上の口コミ

スチームクリーナーを利用したら、ワックスか変化し床が白くなりました。我が家では利用できない製品なので、今は押し入れの中にしまっています。

ネット上の口コミ

床の黒ずみを取ろうと頑張ったら、フローリングのワックスが変色しました。ウチでは使い物になりません。

しかし私&私の友人を含めて、今まで数百回単位でフローリングの掃除をしていますが、上の様な事態にはなっていません。そのため「フローリングがおかしくなった」と言っている人は、使用時に致命的な間違いをしている可能性があるのです。

長時間ピンポイントに当てるのはNG行動です

例えば「一箇所に長時間にわたってスチームを噴射する」等の行為です。
基本的に、普通のスチームクリーナーは「手元のスイッチでスチームを噴射」か「床掃除を行う際の押し込みでスチームを噴射」等の方式になっているため「意図せず長時間スチームが噴射される」という事態は発生しません。

しかし例えば、目立つ汚れがあったとして、それを落とそうと過剰なまでにスチームを当てると、汚れの周囲のワックスが禿げる可能性があります。常識の範囲内(数秒から数十秒程度)であればスチームを当てても問題ないですが、数分間にわたって一箇所に当てる事は控えましょう。

ワックスが傷んでいた場合、顕在化する可能性があり

また「普通のスチームクリーナーの利用」で床が白くなる場合、そもそも家のワックスが傷んでいる可能性が考えられます。

例えば「築30年以上の家で、床が汚くなっているからスチームクリーナーを利用する」等の場合、使われているワックスは、今の製品に比べて粗悪で、傷んでいます。そのため「普通のスチームクリーナーの利用」だけで顕在化してしまうのです。

仮に上の様な状況で床の痛みが出てきたら「床を痛めてしまった」と思うのではなく「床の痛みを知れるいい機会だった」とプラスに考え、ワックスの塗替えを行いましょう。(ワックスの問題なのに「スチームクリーナーに問題があった」と言うのは、筋違いです)

スチームクリーナー購入前に、自宅の床をチェックしよう

あなたが現在スチームクリーナーの購入を検討していて、なおかつ「フローリングに問題が生じないか不安」という事であれば、購入前にフローリングのテストを行いましょう。

  • 濡れタオルを皿に載せ、レンジで3分間温める
  • 100℃近い蒸しタオルが出来るので、ハシでつまみ床に置く
  • 数分後に持ち上げ、床材に変化が生じていないかをチェック

かなり原始的な方法ですが、この方法で床材に変化が生じなければ、スチームクリーナーを購入しても大丈夫です。(念のため部屋の端の目立たない部分で実験しましょう。)

一般的には、ご自宅の家のフローリングにどんなワックスが使われていて、その耐久度がどの程度あるのかなんて事はわかりません。だからこそテストが重要になるのです。

ご自宅のフローリングが不安な方は、是非一度お試しください。

フローリング掃除に適したスチームクリーナーをご紹介

では次に「フローリング掃除に適したスチームクリーナー」を解説します。スチームクリーナーと一言で言っても、大きく分けて3種類が存在します。フローリング掃除を基準にしてそれぞれ解説するので、是非内容をご確認下さい。

フローリング掃除しか行わないならスチームモップがおすすめ!

他の部分を一切掃除せず「床だけ掃除できれば良い」という事であればスチームモップを購入しましょう。

基本的なスチームモップ
シャークスチームモップ
3
会社シャーク
価格12800円
稼働時間15-20分
付属品パッド2枚
シャークスチームモップ

スチームモップは「クイックルワイパーのスチーム版」の様な商品になるため、フローリング掃除に特化しています。他の部分の掃除は一切出来ないので「床だけ掃除できれば良い」と考えている場合は、こちらをお買い求め下さい。

フローリング以外も掃除をするならスチームファーストがオススメ!

フローリングだけでなく、家全体を掃除したいという事であればスチームファーストがおすすめです。

掃除屋ドイルのオススメ商品
スチームファースト
5
会社ネステックジャパン
価格19900円
内容物クリーナー+アタッチメント
特記事項購入時に1000円で洗剤を追加可能
スチームファースト

こちらは一般的にキャニスター型(掃除機型)と呼ばれている製品で、アタッチメントの数・スチームの品質が優れています。取り回しの良さではスチームモップに劣りますが、総合的な能力の面から当サイトで最もオススメをしています。

ハンディタイプはフローリング掃除にはオススメ出来ません

当サイトであまりオススメしていないハンディタイプのクリーナーですが、フローリング掃除の場合、特にオススメが出来ません。

スチームの品質は良いです
H2OスチームFX
4
会社ダイレクトテレショップ
価格10800円
稼働時間10分
準備時間30秒
H2OスチームFX

本来「腰より高いところの掃除」に特化した製品になるため、上2つの製品に比べると明確に床掃除がしにくいです。「フローリングを掃除したい」という事であれば、こちらでは無く他の製品を購入しましょう。

まとめ~ワックス剥がれを気にせず利用しよう

以上が、スチームクリーナーとフローリングについての解説です。
正しい利用法を行えば「床が傷つくことは無い」という点をご理解頂けたと思います。

どんな優れた製品だったとしても、使い方を間違えるとネガティブな効果を発揮します。
逆に正しい製品を、正しい方法で、正しい時間使用すれば、問題は起きないのです。

スチームクリーナーは本当に便利な製品なので、是非正しい使用法を行いましょう。